CFD、FX取引アプリ

IG証券のCFD取引やFX取引は、IG証券が提供する専用の取引プラットフォームを使用します。

IG証券の取引プラットフォームには、PC用、ウェブブラウザ用、携帯端末用があり、現在国内で普及しているインターネット環境またはモバイル環境であるならば、快適に使用できるようになっています。

IG証券の取引アプリ

IG証券の取引プラットフォームには、オートチャーティストやトレードセンス、チャートプログラムやトレーディングセントラルなどの基本機能が搭載されています。
オートチャーティストは、各国通貨や株価の価格変動を自動的に監視し、そこから取引チャンスや予想される値動きなどを図表化してくれる便利なツールです。

従来は、それぞれの投資家が手動で行っていたパターン分析をすべて自動的にやってくれるので、大幅に投資家の負担を軽減することができ、投資チャンスを逃さないのが魅力です。多くの海外投資家に愛用されているmt4同様の性能を備えています。

トレードセンスは、今までほとんどFXやCFDの経験がない人が、IG証券での取引を通じて、FXやCFDについての知識を一から身に着けることができるように開発されたものです。

レバレッジやmt4、バイナリーオプションや先物相場といった専門用語も、やさしい言葉で説明されているので、投資の基礎を学習するのにピッタリのツールだと言えるでしょう。

IG証券ではバイナリーオプションのスプレットはどうなっている?

IG証券におけるバイナリーオプションのスプレッドは、米国ドルと日本円の場合0.6、ユーロと米国ドルの場合0.6、そしてユーロと日本円の場合1.5などのように、通貨ペアごとに異なります。

通常のFX取引においては、スプレッドは実質的な手数料として機能しているため、スプレッドができるだけ小さな証券会社を選んだほうが有利です。
しかし、バイナリーオプションにおけるスプレッドは、それほど重要な意味を持ちません。

例えば、米国ドルと日本円とのバイナリーオプションで、1ドル110円を上回るか、それとも下回るかを予想した場合に、現物のレートにIG証券のスプレッドである0.6を加算した数値で結果が判定されるようになっています。
そのため、バイナリーオプションにおいては、FXほどスプレッドを気にする必要はありません。

IG証券のバイナリーオプションは、正式に取引をスタートする前に、無料のデモ口座を開設して、バイナリーオプションについて詳しく学ぶことができます。

デモ口座はFXや株式CFD、債券先物やバイナリーオプションなどIG証券で取り扱っているすべての金融商品に対応しており、IG証券の取引プラットフォームの特徴を理解してから、本格的に参加できるのは大きなメリットです。

バイナリーオプションのスプレット

取引のしやすさで選ぶFX会社

取引のしやすさは、選ぶべきFX会社を選択する際に重要なポイントになります。投資スタイルによって選ぶべきFX会社は変わりますので、必ず様々な会社を比較した上で決めていきましょう。

FX会社・口コミ評判の比較ランキング「おすすめFXはここ!」

まず、デイトレードに代表される短期間にトレードを繰り返すスタイルで利用したい場合です。
短期間のトレードが真っ先にチェックすべきポイントは、取引手数料になります。短期間でどれほど多くのトレードをして利益を得たとしても、その都度手数料がかかれば費用が嵩んで利益が少なくなるからです。スプレッドが小さく細かなトレードをしやすい事や、注文が成立しやすく手早くトレードを繰り返せる事も重要です。

長期的なトレードを行いたい方は、スワップ金利が大きい事が重要になります。通貨を持って日を跨ぐ度に得られる利益が大きければ、それだけ利益が安定して得られる事に繋がるからです。

更に、得られたスワップ益を決済せずに受け取れる会社であれば、得られた利益を更に投資に回すといった積極的な取引が可能です。

これらのように、FXにおける取引のしやすさは証券取引とは異なります。
FXの初心者は、取引スタイルによって重要なポイントが異なる事を把握した上で、有利な条件のFX貸家を選んでいくと良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする